W大阪 ② 【ファンタスティックキングスイート】【宿泊記】

2021年3月、大阪に新しくできた陽キャ向けラグジュアリーホテル「W大阪」!!
宿泊レポ②です。
またもや時間が空いたぞ!!!しっかり仕事しろ!!!

①ではホテルの概要と、お部屋のご紹介をしています。

今回見ていただいている②では、
プール、ジム、朝食について書いていきます!

早速行ってみましょう!

目次

プール&ジム

プールとジムは同じ受付となっております。

ジムは無料ですが、プールに関しては一定条件を満たしていないと有料になります。
しかもその金額・・なんと・・・1名1回につき6,325円(税金・サービス料込)です!!高い!!

ですが、無料で使用できる条件があります。

・スイートルームに宿泊する
・一休ダイヤモンド会員(2名まで無料)

さらにスイートルームに宿泊すれば、水着やスポーツウェアのレンタルが無料です。

せっかくW大阪に来たのに荷物も多くなるのも嫌だし、オシャレなプールも有料だし・・ってなるなら
W大阪に泊まるのはスイート一択と行っても過言ではないでしょう。

W大阪のプール&ジム受付もオシャレな雰囲気でした。

至る所にアメニティが売ってあります。

割とプールが有料なので受付まではくるもののプールに入る人はほとんどいませんでした。
写真だけ撮りにくる団体客も多かったです。

更衣室

受付を終え、まっすぐ進んだ奥に更衣室があります。
館内は割とシンプルな構図だったので迷う心配はありません。

男女の更衣室は隣同士でしたが、表記がとてもかわいい。
オスとメスに分けられます笑

更衣室はそんなに広くないですが、混んでおらず貸切状態でした。
ロッカーはナンバー式で鍵を失くすことはありません。

更衣室の中にシャワールームもついてあります。
シャンプー類もあります。

お風呂もついてました。
少し狭いです。人が来たらすぐ埋まりそう。そして景色は見えず。

スチームサウナがありした。

タオルと水着乾燥機もあります。

そして洗面台。とってもオシャレ!

こんなに細長い鏡珍しい。
蛇口も変わった形です。

必要最低限のアメニティもありました。
化粧水とかはないので持参した方がいいですね。

ドライヤーはダイソン。私も自宅でダイソン使用しています。
めっちゃ乾くの早いけど風が強すぎて髪がボサボサになります。

プール

プールは青い照明に照らされてとても大人なムード。
意外に泳ぎやすいですが、他のホテルと比べてレーンもないのでフィットネスというより
ナイトプールのような印象。

ビーチベッドはもう本当に普通の寝るベッドと変わらないです。
フカフカで寝れます。ダブルベッドサイズかな?

このようにメンバーではないと使用できないベッドもあります。

いろんなホテルのプールで遊んできましたが、
一番びっくりしたのがこれ!!浮き輪!

なかなかこういうのってリゾート系の広いプールか海でしか使わないと思うんですが、
まさかこのようなラグジュアリーホテルに置いているなんてびっくりしました。

早速プールに浮かせてみます。

いや、でかいんよ・・・。
これ絶対他のお客さんがいたら使えない。笑
貸切状態の時だけ使える楽しい浮き輪でした。

浮き輪だけでなくビート板もおいてました。
ここはビート板もカラフルなんですね。

実は水着レンタルをしたんですが、(恥ずかしいので写真は割愛)
その水着も派手でした。
例えるならフワちゃんの衣装のような感じ。恥ずかしかったです。

プールから外に出るとテラスのようなところへ行けます。

めちゃくちゃロマンティック。

ここにお酒とか売ってたらいいのになと思う。
お酒飲んで泳いでここでまったりして・・って最高ですよね。

テラスからプールも見れます。

ここのテラスはプールからだけでなく、受付があるところからも出入りできます。
なのでプールを使用していない私服の人と出くわしますのでなんか恥ずかしいです。

(恥ずかしいばっかり言ってる・・。)

冒頭で言いましたが、お金払ってまでプールに入りたくない人たちが
写真を撮りにくるのでここのテラスから中のプールを撮影していました。

めっちゃ私たちがプール泳いでいるのにお構いなしに撮影してたので、
それってホテル側が注意しなくていいのかな?とは思いましたが、
むしろスタッフの方が案内してたみたいなのでちょっとうーんと思ったポイントでした。

人によっては私服でテラスからプールの中まで入って写真撮っていました。
絶対だめでしょ!!

ジム

W大阪のジムがかわいい!!のです!
割と中は広いので密にならずに鍛えられます。

画像の手前にお水とタオル類が置いています。

ジムの壁はフォトスポット。
人型の照明が運動しています。

ヨガスペースも奥に区切られていて、快適なジムだと思いました。
天井のライトがすごい。
いろんなマシーンがありますが初心者すぎて使い方がわからん。

レンタルシューズはこんな感じ。
履き心地抜群です。

おっさんのすね毛ェ・・・

朝食

いよいよ朝食レポです。
我々はゆっくり食べれるインルーム朝食が好きなのですが、
ここはビュッフェなのでそうはいかず久々に朝食会場へ行ってきました。

朝食場所はフロントの階にあります。
oh.lala…という場所。なんて読むの?そのまま?

真っ直ぐ進むとまずは新聞が置いてました。

割とW大阪は若い人向けホテルと思っているので、
今時新聞読む人がいるのか少々疑問です。

あぁ!ブレてる!お腹空いたので!

そしておやつとブルドッグがお出迎えしてくれました。

会場の照明もやっぱり派手!
ですが暖色系なので起きたての我々でも眩しくなく良かったです。

景色は目の前がビルなのでそこまで綺麗ではない。
木があって緑を感じられるのは良いかも。

メインはテーブルで注文します。
私はいつも和食です。

届いた「日本の朝ごはん」はこんな感じ。シンプル。

会場は長方形で、一番奥にフードがあります。
人は少ないのに奥に人が溜まっています。

なぜかパンは上記の反対側にありました。
パンの種類が豊富でテンションが上がります。

ジャムと切って食べるパンも置いてありました。本格的。

また、牛乳やヨーグルト、スムージーコーナーは独立してます。
なんとも言えないハワイ感。南国。

この丸っこいスムージー可愛くてたまりません。

他にもサーモンやハム系

チーズ・穀物系

フルーツたち
種類多くてびっくりしました。会場が南国のイメージだから?

意識たかい人が食べるグラノーラ

置かれている牛乳がオシャレ。

サラダ類

ドレッシングの種類が多い。

ホットミール。
スクランブルエッグとかベーコンとかソーセージ達

和食系もありましたが、米と味噌汁とご飯のお供程度。

デザートコーナーはワッフルとかパンケーキ。

席まで運んでいただきます。

全体的に見てもらったらわかると思うんですが、
南国感が強い食材でした。
海外の健康的な朝食という感じです。
和食も少ないし、ドレッシングも独特だし、グラノーラの充実さから、
口に合わない人もいるだろうなという印象。

現に私はグラノーラやフルーツ、チーズ、パンがあんまり好きではない!ので
かなり苦しみました笑

まとめ

W大阪はお部屋だけではなく、全体的にデザインが独特!派手!でした。
どこを切り取ってもインスタ映えしそうなホテル。

プールは有料ですが、スイートに泊まれば無料だし、
混雑しないしここは良かったなと思います。

朝食は好きな人はかなり好きだけど、
かなり人によるかなといった印象。

若い人向けのオシャレなホテルでした!!
楽しかったです!!

①読んでない方はこちらからどうぞ!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次